PVCカード・PETカード・RFIDカード印刷専門サイト 【ADCARD( アドカード)】

  • @6円~
  • 1枚製作ok
  • 最短納期
ホーム>入稿案内

step

※完全データ入稿で、ご希望のデザインをより早く作成することができます。
※入稿データに問題がある場合、納期がずれますのでマイページで必ずご確認下さい。

adobe illustration

イラストレータバージョンはCS6までです。
カラーモードはCMYKで作成下さい。(DICカラー、RGBは不可)
フォントはアウトライン化して下さい。
画像がある場合は、必ず埋め込み画像でお願いします。 

adobe photoshop

フォトショップバージョンはCS6までです。
カラーモードはCMYKで作成下さい。
レイヤーを統合してから、PSDファイルで入稿してください。 

※データ作成に関する詳細はデータ作成の注意点商品別データ作成方法色合いについてなどをご参照下さい。
※ご不明な点がございましたら顧客センター(050-5577-1130/info@adcard.jp)までご連絡お願い致します。

各商品・規格サイズのデザインデータ制作に便利なテンプレートファイルテンプレートファイルは
「Adobe Illustrator」にて制作されています。
該当する商品テンプレートをダウンロードして下さい。

  • 商品分類 2
  • PVCカード
  • PETカード
  • 裏面シール
temp_arrow
  • 商品分類 3
  • 商品分類2を選択してください。

データ作成の注意点

1. ドキュメント設定は【 CMYK / Preview 】ですか?

ドキュメント設定を [RGB / Preview] で入稿される場合は、印刷時 [CMYK / Preview]
に自動的に変換され、データの色が変化してしまいます。必ず [CMYK / Preview] に設定してください。

IllustratorでのドキュメントCMYKカラー設定

PhotoshopでのドキュメントCMYKカラー設定

2. Illustratorのバージョンはどうなりますか?

Illustrator:バージョン9からCS3 に対応しております。
**CS4以上のお客様は必ずバージョンを下げてから保存して下さい。

3. 作業サイズ、編集サイズまでの塗り足しは大丈夫ですか?

  1. 作業サイズ: 断ち切りデザインの塗り足し範囲
    * 仕上がりサイズまで背景色や写真がくるデザインは必ず作業サイズまで塗り足してください。
  2. 仕上がりサイズ : お客様の注文サイズ
  3. 編集サイズ : 裁断ズレが生じても文字・ロゴが切れない安全範囲
    * ロゴや文字など切れてはいけないデザインを必ずおさめてください。

4. 枠取りデザインですか?

裁断ズレが生じる場合、枠取りデザインが断ち切られる可能性があります。

外側の枠取りデザイン

内側の枠取りデザイン

5. 印刷カラーは確認されましたか?

RGB/PANTONEカラー/DRFIDカラーは、必ずCMYKに変換お願い致します。

6. アウトライン化されていますか?

弊社にフォントがない場合、文字化けしますので、必ず入稿データは全てアウトライン化してください。
なお、印刷に不要なフォントは全て削除していただきますようお願いいたします。

7. 線が「塗り(ヘアライン)」の状態で表現されていませんか?

線幅0.25pt 未満の場合も、印刷されない、もしくは目に見えないほど非常に細く印刷されます。
(データチェック対象外とさせていただきます)
画面上やご自宅のプリンターでは確認できますが、 印刷にはほとんど出力されませんのでご注意下さい。

8. 画像の埋め込みはされましたか?

必ず埋め込み作業をしてください。(画像の解像度は350ppiiが適切)
スキャンしたデータの場合、画像が粗く印刷されることがありますので、ご注意ください。
また、元のデータが粗い画像はどんなに数値を合わせても鮮明に印刷することはできません。

9. 透明効果を使われていますか?

透明効果を利用すると、透明効果の影響した部分(文字、線など)が粗く印刷され、品質が低下してしまう可能性があります。
透明効果によるクレームは弊社では責任は負いかねますので、必ず 「透明の分割・統合設定」処理またはラスタライズ処理を
お願いします。

Illustratorでの「透明の分割・統合設定」

1) 透明効果のチェック

【Object】⇒【Flattener Preview】⇒【Refesh】ボタンをクリックしてから、
【Transparent objects】が反映されているか確認する。

2) 透明の分割・統合設定

【Raster/Vector Balancr】の数値を100、
【Preserve Overprints and Spot Colors】のチェックは外して下さい。

3) 透明効果の再チェック

【Object】⇒【Flattener Preview】⇒
【Refesh】ボタンをクリックしてから、 【Transparent objects】が反映されているか再確認する。

10. 印刷に不要なデータは削除されましたか?

【Object】⇒【Show All】が反映されているか確認後、印刷に不要なデータは
【Hide】機能を使用せずに必ず削除してください。

  • 一般PVCカード
  • 透明PVCカード
  • 金/銀色パール
    PVCカード
  • マット加工ホワイト
    PETカード
  • PETカード(有光)
1_1
1_2 1_2
1_3 1_3
1_4 1_4
1_5 1_5
2_1 2_1
2_2 2_2
2_3 2_3
3_1 3_1
3_2 3_2
4_1 4_1
4_2 4_2
5_1 5_1
5_2 5_2
5_3 5_3
5_4 5_4
5_7 5_7

色合いについて

1. CMYK配色の規定

弊社では「付け合わせ印刷(多数の商品を一度に印刷する方法)」にて製作しているため、配色の規定を設けております。
不安定な配色を使用したデータで入稿された場合、印刷された色が仕上がりイメージと異なる場合がありますので下記表のような 【 不安定な配色 】を避け、【 色が安定する配色 】にすることをおすすめします。

【NG : 不安定な配色】

上記の組み合わせで配色した色は発色が不安定となります。 そのため、商品により色の差が出やすくなる原因となりますが、
これは不良品の対象外となります。
【 注意 】 茶色・赤茶色・紺色・しゅう色・深緑・うぐいす色・黄土色・灰色など特に濃い色の配色や4色をかけ合わせた
データに関しましてはご注意ください。 

【OK : 安定する配色】

下記の組み合わせ以外でも【 不安定な配色 】以外は、問題ありません。

【片面モノクロ(裏面モノクロ)の場合】

「K」のみ(Gray Scale)を使用してモノクロを表現してください。

2. スミベタ/リッチブラック/4色ベタの違い

パソコンの画面上では同じスミ色にみえますが、インキの量によってそれぞれ違った黒で印刷されます。
スミ色を濃くするにはリッチブラックで制作する場合がありますが、リッチブラックは非常に乾きにくく、裏写りが発生しやすくなるため、 不良品が出る可能性もあります。CMYKの総量が250%以下になるように設定してください。 

(1)スミベタ(K100/モノクロ100%)でブラックを表現。 文字、細かい線などを表現するときに適しています。
1色印刷の商品場合はグレースケール(モノクロ)しか表現できません。

(2)リッチブラック(C30%・M30%・Y30%・K100%)
K100(モノクロ100%)より深みのある濃いブラックで印刷されます。 濃い目のスミベタを表現するデザインなどに適しており、文字、細かい線などにはオススメできません。 ※一般PVCカードの場合、リッチブラック(C75%・M55%・Y50%・K100%) をおススメいたします。
※データは4色扱いになりますのでご注意ください。 文字などに使用する(注意点)と版ズレで文字が読みにくくなる可能性があります。

(3)4色ベタ(CMYK 各100%)
インキが大量に使用されるため乾きにくく裏移りの原因となります。CMYKの総量が250%以下になるように設定して下さい。

【スミの濃度による注意点】

イラストレーターでスミを配色する際、パソコンの画面上では同じスミ色にみえるため塗り足し部分をのばしたり、
ブラックのイメージをイラストレーターに配置してデザインする場合、必ずカラーの%をご確認ください。
下記のイメージのように印刷される際に濃度の差で同じブラックでも色の差がでる場合があります。

【黒い背景の上に灰色を載せる場合、15%以上の差が必要 】

黒背景とその上に濃い灰色の文字や枠、模様などのデザインの場合、きれいに区別できるためには「Kに15%以上の差」が
必要です。背景とオブジェクトの「色の差」が15%以内の場合、差が出にくく区別がつかない場合があります。

【オーバープリントについて 】

スミベタ(K100%)設定のオブジェクトはオーバープリント処理されますので必ず下記の方法で設定を変えてください。
★上記の場合、当社でデータチェックする際にチェックが出来かねますので再入稿要請対象外となります。
不良品の対象外になりますので、予めご了承ください。

K100%のオブジェクトは、下記の[例1]や[例2]のように自動的にすべてオーバープリント処理がされます。
下に配置しているカラーの上にK100%を重ねて印刷するので、前面にある色と背面にある色が混ざり、背景が透けてしまう
ような現象が起こります。

【Illustrator「オーバープリント」設定ミスによる印刷不良について 】

(1)Illustrator「オーバープリント」設定とは?

印刷物をつくるとき、色を重ねて印刷する事をオーバープリントといいます。 illustratorではオーバープリント設定が可能です。トラブル防止のため、オーバープリントのチェックは必ず外してください。
詳しくはこちら → 【外部リンク】Adobe - Illustrator / オーバープリント

(2)オーバープリントチェック方法

DTP印刷知識

1. オフセット印刷

水と油の反発で、インキがつく部分とインキがつかない部分を形成し、インキと水を交互に与えて印刷する平版印刷方式の
一つです。印刷版上のインキがブランケットに転写し、ブランケットに転写したインキが印刷用紙に転写する方式です。


2. 付け合わせ印刷

既製品を販売する工産品とは異なり、製作仕様が多様で複雑なためにお客様のご注文内容に沿って印刷物を規格化し、
一つの版に複数のデータを入れて印刷する方法を弊社では導入しております。
弊社、印刷技術の向上により色味が安定しておりますが、入稿データと実際の仕上がり商品の色味(インク濃度)が
気になるお客様は【色合いについて】を必ずご参考ください。
なお、より高品質で色彩の表現力も優れいてる独版印刷は、特定商品だけを印刷する方法として知られています。
ご希望される場合は【お問合せ】よりご相談ください。

3. CMYKとRGBの違い

RGBによる色光の三原色は、色を混ぜるほど明度が上がり、白に近づくので加法混色と言われています。
それに対してCMYKによる色料の三原色は、絵具のように混ぜれば混ぜるほど明度が下がり黒に近づく減法混色と
言われています。印刷では、黒の部分を引き締めるためにブラックを追加してCMYKの4色で表現しています。
このようにRGBとCMYKは異なるために、印刷物用のデザインを作成する場合は、モニターの色よりも実際の
印刷物は暗く出力されますので色合いを考慮する必要がございます。

4. 網点(あみてん)

印刷物の凹凸の無い平版で濃淡を表現するための小さな点(ドット)の集合のことです。網点の間隔が狭く、網点の
大きさが大きくなれば色は濃く見え、間隔を広く点を小さくすればするほど色が薄く見えます。
印刷物をルーペで見ると、CMYKの網点が重なりあって色が表現されていることが確認できます。

  • PVCカード後加工
  • PETカード後加工

エンボス

  • クレジットカードなどでお馴染みの凸凹している加工です。表面が浮き出るタイプになりますので、裏面デザインにご注意下さい。
  • エンボスにはサイズが2種類(大きいサイズ/小さいサイズ)あります。
  • 大きいサイズ : 数字のみ対応。サイズが17.5ptになります。 スペースなしで19個までの数字を横一列に配置することができます。(例 : 012345 5556 6547)
  • 小さいサイズ : 英字または数字に対応。サイズが10.5ptになります。スペースなしで32文字を横一列に配置することができます。(例 : HKGADG-123456)
  • ※フォント指定はできません。(クレジットカードと同じフォント)
  • ※「ハイフン(‐)、スラッシュ(/)」の記号は小さいサイズのみ可能です。(ピリオド(.)、コンマ(,)、?、!など特殊記号×)
  • ※英字は10.5ptサイズの大文字のみ可能です。(a、b、c,・・・×)
  • ※数字は連番も可能です。(金額同じ)

  • 金色エンボス(サイズ大)

  • 金色エンボス(サイズ小)

  • 銀色エンボス(サイズ大)

  • 銀色エンボス(サイズ小)

ホットスタンプ(箔押し)

  • 金属風のメタリック箔を重ねて型押しし、箔フィルムを紙に定着させる加工です。
  • 特にロゴやデザイン模様など印象を強調する場合によく使われ、高級感のある仕上がりが特徴です。
  • 1箇所のサイズが30mm×10mm以内です。ロゴの大きさにより1箇所でも2箇所や3箇所などの金額になる恐れがあります。
  • 正確な金額をご希望される場合は、ADCARD.jp>お問い合わせからデザインデータ(ai)をお送り下さい。詳細ご確認後、ご案内致します。

  • 金色(有光)

  • 銀色(有光)

  • ホログラム(金色)

  • ホログラム(銀色)

サインパネル(白色サインパネル/透明サインパネル)

  • 署名欄としてカードの裏面によく使用される加工です。PVC材質にボールペンで書き込む場合はサインパネル加工をオススメ致します。
  • サインパネルには白色と透明の2種類があります。
  • 白色 : 一般的に使用されるタイプですが、サインパネルに直接印刷することはできませんのでデータ作成時ご注意下さい。
  • 透明 : タ塗りデータ、署名部分に下線があるデータ、署名部分を枠でかこったデータ、書き込む表データなどの上に透けたシートを載せますので、下の印刷物及びカード地色が見えます。
  • 1箇所サイズは50mm×10mm以内です。サインパネルの大きさにより1箇所でも2箇所や3箇所などの金額になる恐れがあります。
  • 正確な金額をご希望される場合は、ADCARD.jp>お問い合わせからデザインデータ(ai)をお送り下さい。詳細ご確認後、ご案内致します。

  • 白色サインパネル

  • 透明サインパネル

バーコード

  • 会員カード / ボーナスポイントカード / 従業員管理(勤怠管理) カードなどに使用される加工です。
  • バーコードにより最小サイズが異なりますので、詳しくはデータ作成方法をご確認下さい。
  • JAN-8 : 数字(0~9)で桁数は8桁固定(8桁目はチェックデジット) ⇒ 弊社には7桁までお送り下さい。8桁目は自動算出されます。
  • JAN-13 : 数字(0~9)で桁数は13桁固定(13桁目はチェックデジット)) ⇒ 弊社には12桁までお送り下さい。13桁目は自動算出されます。
  • CODE-39 :数字(0~9)、記号(-,スペース,$,/,+,%,.)、アルファベット(A~Z)、スタートストップキャラクタ(*)、桁数は自由
  • CODE-128 :フルアスキー128文字[数字(0~9)、記号、アルファベット(大文字/小文字)、制御コード等すべて]、桁数は自由

  • JAN-8

  • JAN-13

  • CODE-39

  • CODE-128

ナンバリング

  • 数字(0~9)/アルファベット(大文字/小文字)/書体はArialのみ/4pt以上対応可能です。
  • 1桁~10桁まで/ナンバリングの文字の大きさは桁数により自動調整します。
  • 連番の場合は、デザインデータ内に「何番~何番まで」と表示して下さい。
  • 乱数の場合は「ナンバリング文字列」をエクセルファイルに入力してから位置を指定したデザインデータと一緒に圧縮してから入稿して下さい。(文字列は縦1列に入力必須)
  • ※乱数をご希望される場合はデータ内に連番(管理番号)が必要になります。

  • 転写式ナンバリング

スクラッチ

  • 宝くじや国際電話カードで加工処理されるスクラッチとは、数字・文字の上にコインなどでこすれる銀色部分のことです。
  • ※スクラッチサイズは1種類のみとなります。(38×7mm/R=1mm)

  • 転写スクラッチ(リボン圧着方式)

パール

  • キラキラ輝くパールは、一般PVCカード用真珠パール、金色パールPVCカード、銀色パールPVCカードの3種類になります。
  • 真珠パール:一般PVCカードにUVオフセット印刷後、全面に加工します。
  • 金色パール:金色インキに金色パールを混ぜ、一般PVCカードにシルク印刷します。(部分指定可能ですが、デザインにもよります。)
  • 銀色パール:銀色インキに銀色パールを混ぜ、一般PVCカードにシルク印刷します。(部分指定可能ですが、デザインにもよります。)
  • ご心配な方はADCARD.jp>お問い合わせからデザインデータ(ai)をお送り頂ければ、詳細ご確認後、ご案内致します。

  • 真珠パール
    (一般PVCカード)

  • 金色パール
    (金色パールPVCカード)

  • 銀色パール
    (銀色パールPVCカード)

磁気テープ

  • JIS方式/ISO方式の磁気テープがPVCカードに貼り付けています。(2種類の磁気テープは、太さが異なります。)
  • ※0.76PVCカード1000枚以上の製作に限ります。別途見積り商品になりますので、ADCARD.jp>お問い合わせからご連絡お願いします。
  • ※磁気エンコード処理は会員番号等のデータを個別もしくは統一情報データを書き込みます。弊社で可能な方式はISO方式のみです。

  • JIS方式

  • ISO方式

OPP個別包装

  • カード1枚ずつOPP袋に入れます。

  • OPP袋

バーコード (マット加工ホワイトのみ対応)

  • 会員カード / ボーナスポイントカード / 従業員管理(勤怠管理) カードなどに使用される加工です。
  • バーコードにより最小サイズが異なりますので、詳しくはデータ作成方法をご確認下さい。
  • JAN-8 : 数字(0~9)で桁数は8桁固定(8桁目はチェックデジット) ⇒ 弊社には7桁までお送り下さい。8桁目は自動算出されます。
  • JAN-13 : 数字(0~9)で桁数は13桁固定(13桁目はチェックデジット)) ⇒ 弊社には12桁までお送り下さい。13桁目は自動算出されます。
  • CODE-39 :数字(0~9)、記号(-,スペース,$,/,+,%,.)、アルファベット(A~Z)、スタートストップキャラクタ(*)、桁数は自由
  • CODE-128 :フルアスキー128文字[数字(0~9)、記号、アルファベット(大文字/小文字)、制御コード等すべて]、桁数は自由

  • JAN-8

  • JAN-13

  • CODE-39

  • CODE-128

ナンバリング

  • 数字(0~9)/アルファベット(大文字/小文字)
  • 1桁~10桁まで/ナンバリングの文字の大きさは桁数により自動調整します。
  • 連番の場合は、デザインデータ内に「何番~何番まで」と表示して下さい。
  • 乱数の場合は「ナンバリング文字列」をエクセルファイルに入力してから位置を指定したデザインデータと一緒に圧縮してから入稿して下さい。(文字列は縦1列に入力必須)
  • ※乱数をご希望される場合はデータ内に連番(管理番号)が必要になります。

  •  転写式ナンバリング
    (マット加工ホワイトのみ)

  • 噴射式ナンバリング

スクラッチ

  • 宝くじや国際電話カードで加工処理されるスクラッチとは、数字・文字の上にコインなどでこすれる銀色部分のことです。
    ※スクラッチサイズは1種類のみとなります。(38×7mm/R=1mm)

  •  転写式ナンバリング
    (マット加工ホワイトのみ)

OPP個別包装

  • カード1枚ずつOPP袋に入れます。

  •  転写式ナンバリング
    (マット加工ホワイトのみ)